LinkedInプロフィールへ

イェスパー・レヴィーン

クライアントの知的財産権の取得・維持担当。主な専門領域は生物学・医療技術・医薬品。

デンマーク工科大学(DTU)卒業後、一年間名誉研究助手としてユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)生物化学部に留学。その留学中、UCLUグライダー部・UCLU登山部に所属。

1989年にデンマーク工科大学の修士課程(生物化学工学)修了。その後、ノボノルディスクと協力してダブリン大学遺伝学部において博士論文に向けて研究を開始。研究の傍らで、クリケット選手としてトリニティ・カレッジ・ミュージアム・プレイヤーズにも選抜される。

1996年に知的財産業界に入り、2002年に欧州特許弁理士認定試験に合格。欧州特許庁における異議申立・審判の際のクライアント代理人。ワシントンD.C.の米国特許商標局(USPTO)における審査官面接にもクライアントに代わり出席。

米国、欧州両方で、特許取得の複雑な事件においても迷わず成功を遂げ、クライアントの知的財産をあらゆる危険から熱心に守り抜く性格の所長です。

国際弁理士連盟(FICPI)会員・国際知的財産保護協会(AIPPI)会員・デンマーク国際知的財産保護協会(FIR)会員・北欧ライセンス協会(LES)会員。